スポーツパンツの汚れ
クリーニング後、パンツの上部全面を中心に黒みを帯びた汚れが散在していました。 製品は、表地に無地染めドビー変わり織、その裏面にラミネート加工した生地を、裏地に無地染め、ヨコ編み、薄起毛した生地を使ったスポーツ用パンツです 。
イメージ
組成表示
表地:ナイロン100%
裏地:ナイロン100%
絵表示
ライクリーニングのみ
発生原因 汚れのほとんどは、裏面のラミネートにやや薄いシミ状に残っていますが、裏には浸透していません。
1. 汚れは表地のみである
2. ラミネートの色と汚れの色が同じである
3. ポケット向こう当て布や膝ふたの内側にも汚れがある
4. 汚れが前後の身頃にわたっている
5. 汚れ部分に生地の損傷やぜい化がない
6. 絵表示が常温での洗濯機洗い及びセキユ系ドライクリーニングができると表示してある
7. 洗いはドライクリーニングと水洗いの両方を行ったが、裏地の変退色や汚染がない
等を総合して原因を推定してみました。
恐らく、着用中に、フィルムラミネートの着色染料が流れ出てしまうような液状物をつけたままクリーニングに出されたのでしよう。 フィルムラミネートから遊離した染料が、表地のナイロンに染み込み、シミ汚れ状に顕在化したものと考えられます。

←事例研究一覧(トップ)に戻る 次の事例研究へ→
(C)1996-2002 Textile Maintenance Association,Japan