ベストの毛羽立ち
前身頃柄部分が毛羽立ち、色泣きしたような状態になっています。 製品は、糸染めヨコ編み生地の前部分に紋様を編み込んだベストです。
イメージ
組成表示
表地:ウール80%、ナイロン20%
裏地:ポリエステル100%
絵表示
ライクリーニングのみ
発生原因 苦情の部位を観察すると、赤色と黒色の繊維が毛羽立ったうえ、隣接した繊維とからみあい、摩擦変色が生じています。
1. 使用糸が毛とナイロンの紡毛糸である(紡毛糸は毛羽立ちやすい)
2. 周辺に黒色からの色泣きがある
3. 組織崩れや編み傷がない(ということは、クリーニングの機械力が強すぎたわけではない)
4. 洗いは絵表示を参考にしてパークドライクリーニングを行った
5. クリーニングの機械力は一部に強くかかることはない
などを総合して考えますと、この毛羽立ちと摩擦変色は、着用中にほかの衣料とすれ合って生じたものと思われます。

←事例研究一覧(トップ)に戻る 次の事例研究へ→
(C)1996-2002 Textile Maintenance Association,Japan